Urushimaki 漆蒔(うるしまき)

明治から昭和40年頃まで、多治見には多くの漆蒔上絵職人がいましたが、簡易な転写紙の開発により、経済効率の悪い漆蒔技法は廃れてしまいました。
本焼成後の焼き物に、テレピンオイルでゆるめた漆を塗り、その漆の粘着力を利用して絵の具を定着させます。漆自体は、その後の焼成により燃えて無くなります。
確かに少々手間はかかりますが、本当にきれいな発色が可能です。

私は特別目新しいこと、奇抜なことをしようとは全く思っていません。
ただ、先人達の残してくれた知恵を、私というフィルターを通し形にし、今という時代の空気の中で呼吸させてゆきたい、そう思うのです。

→漆蒔についての説明、詳しくはブログ「漆蒔上絵物語」