生活を楽しむための焼き物を

   毎日の生活を見つめ、いとおしむ
   ささやかなきっかけになれるような
   そんな焼き物づくりを目指しています
   まだまだ、これからも手探りの日々
徳田 吉美
名古屋市生まれ。
愛知県立旭丘高校美術科卒業。武蔵野美術大学短期大学美術科油絵専攻卒業後、同研究室に勤務。
学生時代のカリキュラムに焼き物があり、興味を持つ。その後、東京にてギャラリー、デザイン事務所、TV、雑誌、広告美術の仕事に15年ほど就く。働きながら絵画やオブジェを発表するが、たまたま住んだアパート敷地内に窯があり(東京国分寺、児島善三郎邸・松籟窯)、1990年頃から自分の食器などを作り始める。生き方を深く考えさせられる出来事に遭遇し、岐阜県立多治見工業高校専攻科にて焼き物を再び学び直す。在学中、多治見市山吹町StudioMAVO内に工房を構える。2001年に卒業、窯を購入しStudio TOKUDA設立、現在に至る。2002年より認知症の方への焼き物指導を続ける。夢は海近職住合体!

→取り扱い店舗などはコチラ

→ 最新の展覧会のお知らせなど、
ブログ「トックンの雑記帳」へどうぞ